SCORE CARDBACK NUMBER

新天地で受け入れられた、
ハワードの“笑顔”の意味。
~名門レイカーズを去って得たもの~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/03/16 10:30

新天地で受け入れられた、ハワードの“笑顔”の意味。~名門レイカーズを去って得たもの~<Number Web> photograph by Getty Images

2月19日、今季初のロサンゼルスでの対レイカーズ戦に出場。古巣を打ち破ったハワード。

 幸せだから笑う人もいれば、幸せになりたいから笑う人もいる。ドワイト・ハワード(ヒューストン・ロケッツ)の場合は後者だ。白い歯から歯茎まで見せるトレードマークの笑顔は、漫画のキャラクターのようで愛嬌があり、確かに、まわりを幸せな気分にさせるようなパワーがある。

「世の中にはネガティブなことが溢れているけれど、生きているだけですばらしいこと。僕らはロールモデルとして、ポジティブなことを広めるべきだ」と言う。

 しかし、この数年はその笑顔が禍を呼ぶことも多かった。まわりから理解されず、「ヘラヘラ笑っていて真剣さが足りない」と批判もされた。意図に反して、笑顔を見せることで不幸せな状況に追い込まれるという悪循環にあった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ドワイト・ハワード
ロサンゼルス・レイカーズ
ヒューストン・ロケッツ
ケビン・マクヘイル

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ