ソチ五輪EXPRESSBACK NUMBER

皇帝プルシェンコの華麗なる復活劇。
少年のような笑顔と、永遠の向上心。 

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph bySunao Noto/JMPA

posted2014/02/10 16:30

皇帝プルシェンコの華麗なる復活劇。少年のような笑顔と、永遠の向上心。<Number Web> photograph by Sunao Noto/JMPA

フリーの演技を終え、満足げな表情で観客の大歓声に応えたプルシェンコ。31歳、フィギュアスケーターとしてはかなりベテランと言っていい年齢だが、衰えるどころか凄みを増してきた。

「彼はカリスマであり、ロシアのパワーだ」

 この後に滑ったユリア・リプニツカヤの活躍もあり、団体戦はロシアが金メダルを獲得。プルシェンコにとって4つ目の五輪メダル、そしてロシアにとってソチ五輪最初の金メダルだった。プーチン大統領自らが「よくやった」とプルシェンコ達を祝福するのを観ながら、アレクセイ・ミーシンコーチは自慢げにこう言った。

「今日は無理なリスクをさけて4回転は1本にした。彼はカリスマであり、ロシアのパワーだ。誰も彼のようにはなれない。大多数の人間が彼に憧れ、一部の人間がねたむ存在なんだ」。

 皇帝は存在を証明した。しかし団体戦が最終目標ではない。

「今日のフリーは、羽生結弦もパトリック・チャンもいない。だから4回転は1本で十分だと考えた。個人戦のフリーでは4回転を2本入れたい」

 それにね、といってプルシェンコは少年のような笑顔で続けた。

「あと僕は、トリプルアクセル+3回転フリップというジャンプを練習してあるんだ。これはまだ世界で誰も跳んだことのないジャンプだからね」

 永遠の向上心が彼のエネルギー源なのだろう。驚異の31歳は、13日からの男子シングルに全ての闘志を捧げる覚悟だ。

関連コラム

BACK 1 2 3
エフゲニー・プルシェンコ
ユリア・リプニツカヤ
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ