SCORE CARDBACK NUMBER

エンジン規則改定が物語る、
モトGPクラスの未来。
~共通ソフト化に対抗するメーカー~ 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2014/02/09 08:10

エンジン規則改定が物語る、モトGPクラスの未来。~共通ソフト化に対抗するメーカー~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

ホンダの市販マシンRCV1000R。ワークス勢との性能差をどれほど縮められるか?

 ワークスチームがしのぎを削るモトGPクラスのエンジン規則が、今季大きく変わる。

 これまでのモトGPクラスのマシンは、プロトタイプと呼ばれるワークスマシンと、参加台数を増やすために採用された、量産エンジンを使用するCRTマシンに分かれていた。しかし、速さを追求するワークスマシンに対し、CRTマシンはパフォーマンス面で大きな隔たりがあり、その差は縮まらなかった。

 そこでグランプリを運営統括するドルナは、メーカーに対してCRTマシンを使用するチームにワークスエンジンを供給するよう要請。それを受けてホンダは市販レーシングマシンを発売し、ヤマハはワークスエンジンのリースを実施する。さらにドルナは共通ECU化を図るなど、格差解消に次々に手を打った。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ホンダ
ヤマハ

MotoGPの前後のコラム

ページトップ