SCORE CARDBACK NUMBER

WGP19年目のベテランが
今シーズンを熱くする!
~天才V・ロッシ、復活の予感~ 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2014/03/12 10:00

WGP19年目のベテランが今シーズンを熱くする!~天才V・ロッシ、復活の予感~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

セパンのラップタイムは1分59秒台で初めて2分の壁を突破。テストの順調さを証明した。

 2009年を最後にタイトルから遠ざかっているV・ロッシが、今年は素晴らしい戦いを見せてくれそうだ。

 2月上旬、マレーシアのセパン・サーキットで行なわれた今季初テストを、総合2番手で終えた。昨季史上最年少王者となって勢いに乗るM・マルケスと、わずか0.194秒差。3日連続でタイムを更新した走りも良かったが、連日ヤマハ勢トップの座をキープしたことがロッシの表情を明るいものにした。

 ドゥカティからヤマハに復帰した昨年は、オランダGPで3年ぶりに優勝するなど、ところどころで良い走りをしたが、セカンドグループに甘んじることが多く、レースを重ねても一向に進化を感じられない1年だった。だが今回のテストでは、コースインするたびにタイムを縮めた。これまで課題だったブレーキングの安定性が向上したことで、走りにメリハリが生まれ、タイヤのパフォーマンスを生かせるようになったのだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

バレンティーノ・ロッシ
マルク・マルケス
ドゥカティ
ヤマハ
ホルヘ・ロレンソ

MotoGPの前後のコラム

ページトップ