欧州サムライ戦記BACK NUMBER

エジル、ジルーに感じた別格の“個”。
吉田麻也が「精悍」になった理由。 

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph byAction Images/AFLO

posted2014/01/31 10:55

エジル、ジルーに感じた別格の“個”。吉田麻也が「精悍」になった理由。<Number Web> photograph by Action Images/AFLO

ジルーとは試合中何度もマッチアップし、激しい戦いを繰り広げた。吉田麻也は試合に出場できずにいる間も、着実に進歩を遂げていた。

「最近、麻也の顔って少し変わって来たよね」

 そこから続けざまにアーセナルが逆転弾を叩き込むと、サウサンプトンも負けじとすぐに同点に追いつく。試合はまさにシーソーゲームとなった。

 前半はジルーやエジルらをうまく抑えていた吉田だったが、徐々に彼らの巧みなプレーの前に後手を踏む場面が増えていた。くさびのパスに対して、前に出たところでジルーを潰し切れずにボールを展開される。前半より自分のペースで守れる状況は減っていった。

 だが最後のところでは集中を切らさず、体を張って、相手の思いどおりにはさせなかった。終盤になるにつれてエジルとの1対1も増え、ボールを奪えないまでもとにかく縦には抜かれないように体を入れ、しぶとく対処していった。

「ジルーにはやられた、という感じです。でも、素直にあのシュートは上手かったとも思う。エジルはあの選手たちの中でもレベルが別格でした」

 パーカー姿でリラックスした吉田が、数時間前のピッチでの肌感覚を落ち着いて振り返った。髪を短く切ったその横顔は、いつもどおり優しげではあるのだが、よく見ると非常に精悍な顔つきにも思えた。ここ最近、周囲の人たちから「最近、麻也の顔って少し変わって来たよね」という話をよく聞く。もちろんより男らしく、という意味が込められているのだが、激闘の直後だっただけに余計に精悍に映ったのかもしれない。

人々に興奮を、そしてDFとしての高みへ。

 引き分けという結果に、スタンドのファンたちも拍手で応じた。吉田にとっても、前半は好感触、後半は相手の圧力にさらされたこともあり、五分五分の出来だったと言える。試合自体は娯楽性に富み、また攻守の切り替えの速さやテクニカルな面など、非常にサッカー的な要素としても申し分のない中身となった。あらためて、プレミアリーグの実力と人気の高さを証明するにふさわしい一戦となった。

 そのなかでピッチに立ち、自分の実力を発揮し、また弱点も突き付けられる。現在の吉田にとってはこの日常こそがすべてであり、その舞台に毎週登場する自分を取り戻すことの大切さを、いまかみしめている。

「今日の試合は面白かったですよね。同点になったとき、僕も『きっとスタンドで興奮して楽しんでくれているんだろうな』と思いましたから」

 人々に興奮を与えるために、そしてDFとしての自らをもっと高めるために、ここイングランドにいる。そんなに簡単に、プレミアリーガーの肩書きを諦め、捨てるわけにはいかない。プロサッカー選手として、エンターテイナーとして、最高峰に近づく道が目の前にある。日本代表、W杯での成功も、すべてその道の先にあるのだと、吉田は考えている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

吉田麻也
サウサンプトン
アーセナル
オリビエ・ジルー
メスト・エジル
デヤン・ロブレン

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ