テニスPRESSBACK NUMBER

恐ろしく密度の濃いストレート負け。
ナダルにあり錦織圭に無いものとは? 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/01/21 11:30

恐ろしく密度の濃いストレート負け。ナダルにあり錦織圭に無いものとは?<Number Web> photograph by Getty Images

「(メジャー大会で身体に)痛いところもなく戦えたことは、昔はなかったこと。身体が強くなっているのを感じています」と試合後にコメントした錦織。

「みんな、次のステップに行けると感じている」

 錦織の父親、清志さんは「サーブと集中力に差があった」と見る。

 1本で情勢を一変させてしまうサーブ、高い集中を保ちながら、大事な場面でさらにギアを上げる精神力は、確かにナダルにあって、今の錦織にはないものだろう。

 それでも清志さんは、この試合から強いメッセージを受け取った様子だ。

「(コーチとの取り組みの)方向性が間違っていないことが分かった。みんな、次のステップに行けると感じているんじゃないか」

 拍手に送られてコートを去った錦織は、クーリングダウンのためにジムに直行。がっくりとうなだれたまま、黙々とエアロバイクを漕いだという。「チャンスがあった分、ショックも大きい」と錦織は言う。

 しかし、王者に味わわされた失意は、彼の超回復を促すに違いない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
錦織圭
ラファエル・ナダル

テニスの前後の記事

ページトップ