SCORE CARDBACK NUMBER

番狂わせの連鎖を生んだ、
女王の敗退と挑戦者の自信。
~波乱の全豪、混沌とする勢力図~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2014/01/31 06:15

番狂わせの連鎖を生んだ、女王の敗退と挑戦者の自信。~波乱の全豪、混沌とする勢力図~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

セリーナを破ったイバノビッチ。準々決勝で敗れ、2度目の四大大会優勝は叶わなかった。

 全豪オープン女子は第1シードのセリーナ・ウィリアムズと第3シードのマリア・シャラポワがともに4回戦で敗退する波乱の大会となった。アナ・イバノビッチに逆転負けを喫したセリーナは「すさまじい数のミスをしてしまったわ。こんなの(10歳にもならない子供だった)'80年代以来かしら」と自嘲気味に話した。背中のケガの影響もあったのか、プレーは精彩を欠いた。昨シーズン、11大会に優勝、78勝4敗、95%の勝率を残した女王の敗退は衝撃的だった。

 こういう大番狂わせがあると、大会全体がざわついたようになり、何が起きてもおかしくない雰囲気になる。番狂わせは伝染する、とも言われる。セリーナ敗退の翌日に起きたシャラポワの敗退を伝染のひと言で片づけるのは乱暴だが、女王撃破に刺激を受け、選手のモチベーションに火がつくことは十分ありうる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 534文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<ソチ五輪直前総力特集>浅田真央ラストダンス

関連記事

アナ・イバノビッチ
セリーナ・ウィリアムズ
ドミニカ・チブルコバ
マリア・シャラポワ

テニスの前後の記事

ページトップ