Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<名将、ブラジルW杯を斬る> イビチャ・オシム 「どの国から勝ち点3を獲るか、見極めよ」 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2014/01/07 06:00

<名将、ブラジルW杯を斬る> イビチャ・オシム 「どの国から勝ち点3を獲るか、見極めよ」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama
サラエボの自宅で抽選会を見守ったオシムは、
組分けとトーナメント表をにらみながら、展望を語った。
日本が入ったグループCに始まり、優勝候補の本命、
ダークホース、そして初出場となる祖国の可能性まで――。

――日本はコロンビア、コートジボワール、ギリシャと同組になりました。

「他よりも危険の少ないグループだ。つまり優勝候補の本命であるようなチームはいない。たしかにコロンビアは強豪だが、ブラジルやアルゼンチン、スペイン、イタリアと同じではない。この中で最も優れたチームはコートジボワールだろう」

――コロンビアよりも上ですか?

「コロンビアとコートジボワールが優位だ。だが日本とギリシャも力は接近していて、どの相手に対しても日本はノーマルなプレーができる。つまりチャンスがあるということだ」

――初戦でコートジボワールと当たります。

「すでに何度か対戦しているだろう。思い出すのは、日本がホームで勝った試合('08年5月、1-0)だ。あの試合は、コートジボワールに対するとてもいいイメージになる」

――しかし'10年の南アフリカ・ワールドカップ直前には日本が敗れています。

「そうかも知れないが、ブラックアフリカ系のチームはどこも、ディシプリンがあり、よく走る相手を苦手とし、おしなべて手を焼いている。日本はそこを突くことができる。0対0できっちりと試合を終えるような、結果を得るための戦い方を日本も覚えるべきだ」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 5936文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ブラジルW杯 対戦国研究。

Sports Graphic Number 844

ブラジルW杯 対戦国研究。

 

イビチャ・オシム
ディディエ・ドログバ
本田圭佑
岡崎慎司
ブラジルW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ