野球クロスロードBACK NUMBER

なぜFA加入投手は新天地で苦しむ?
成功例・工藤公康に見る重大要素。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/12/26 10:30

なぜFA加入投手は新天地で苦しむ?成功例・工藤公康に見る重大要素。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

広島で前田健太らとともに投手王国の一角を担った大竹寛。巨人への移籍については「地元の関東でプレーしたかった」とコメントしている。

数少ない成功例、工藤公康が語った不可欠な要素とは?

 故障と真正面から向き合う。複数年契約の本質を理解する。それはつまり、「自分を知ること」に結びついてくる。

 FAでダイエーと巨人に移籍し、計12年間で102勝。3度もチームを日本一へ導いた「優勝請負人」。FA移籍の先発投手のなかで数少ない成功例である工藤公康は、パフォーマンス維持に不可欠な要素を解説してくれたことがあった。

「『自分の体は変わる』ことを理解する。筋肉、骨格。人間の体は年々変化していくわけだから、それに応じたトレーニングを見つけていかなければならない。特に期待されている選手であれば、そういったことを意識しながら野球をしたほうがいいと思うよ」

 複数年契約は安住の約束手形ではなく、その選手の今後を判断する猶予期間と捉えるのが正しいのかもしれない。

 自身の現在地を俯瞰し、さらなるレベルアップに努めなければ、FA移籍の先発投手たちに明るい未来はないのだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

工藤公康
涌井秀章
大竹寛
久保康友
中田賢一
川崎憲次郎
杉内俊哉
若田部健一

プロ野球の前後のコラム

ページトップ