野球クロスロードBACK NUMBER

高卒3年目で戦力外の「清原2世」。
勧野甲輝がトライアウトで貫いたもの。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/11/29 10:32

高卒3年目で戦力外の「清原2世」。勧野甲輝がトライアウトで貫いたもの。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

トライアウトでアピールに成功し、ソフトバンクとの育成契約にこぎつけた歓野甲輝。長打にこだわるスタイルを貫き、一軍へ上がることはできるのか。

勧野を奮い立たせる松井稼の言葉と、銀次らの台頭。

 ソフトバンクでは育成枠、与えられる背番号は3ケタという厳しい再スタートとなるが、無論、新天地でも長打にこだわる。そして、勧野が捲土重来を期さねばならない理由は他にもある。

 ひとつは、PL学園の大先輩である松井稼頭央から送られた言葉だ。

「お前はもっとやれる選手だから。絶対に負けるな。野球を続けろよ」

 松井の激励に「僕みたいな選手にそう言ってくれたのは何よりの励みになります」と、勧野は自らを再び奮い立たせることができたという。

 そしてもうひとつは、ともにしのぎを削った楽天の若手たちの台頭だ。枡田慎太郎、銀次、岡島豪郎は主力として日本一に貢献。アジアシリーズでは、中川大志が4番に抜擢され、阿部俊人、小関翔太もスタメン出場を果たすなど、新たな力がチームに芽生えつつある。

 その流れに乗れなかった屈辱。勧野は自分に言い聞かせるように、想いを真っ直ぐにぶつけた。

「悔しいです。悔しすぎて何も言えないです。だからこそ、絶対に見返したいんです。僕はまだまだやれるんで、これからはもう、死に物狂いでアピールします」

 若き才能はただ純粋に、豪快なアーチへの想いを貫き続ける。

 背番号3ケタのスラッガーよ、今こそ這い上がれ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
勧野甲輝
東北楽天ゴールデンイーグルス
福岡ソフトバンクホークス
清原和博

プロ野球の前後の記事

ページトップ