沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

外国馬に厳しい“アウェー”JC。
GG2強の再戦に割って入るのは? 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byEiichi Yamane/AFLO

posted2013/11/22 10:30

外国馬に厳しい“アウェー”JC。GG2強の再戦に割って入るのは?<Number Web> photograph by Eiichi Yamane/AFLO

この数戦、快勝と不可解な敗北を繰り返しているゴールドシップ(左)。オルフェーヴル、キズナとの初対決も期待される有馬記念に、勝って臨めるだろうか。

3頭のGIホースを下した不気味な東京巧者も。

 また、昨年のアルゼンチン共和国杯で3頭のGIホースを下し、今年の同レースで3着となるなど、東京芝コースで4-2-1-0と好成績をおさめているルルーシュ(牡5歳、父ゼンノロブロイ、美浦・藤沢和雄厩舎)も、上手く立ち回れば面白そうだ。

 ということで、予想に入りたい。エリザベス女王杯もマイルチャンピオンシップも◎をつけた馬が勝ったが、相手が抜けていたため、馬券は不的中に終わってしまった。

◎ゴールドシップ
○ジェンティルドンナ
▲アンコイルド
△ルルーシュ
×エイシンフラッシュ

 ◎からの馬連と、▲の単複。

 アンコイルドが勝てば、後藤浩輝騎手は、怪我による長期休業後初のJRA・GI勝利ということになるのか。そんなふうに、馬と人の物語を一緒に語ることのできるレースになってほしい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ゴールドシップ
ジェンティルドンナ
アンコイルド
ルルーシュ
エイシンフラッシュ

競馬の前後の記事

ページトップ