野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

野球芸術界に殴り込み!
女子大生ユニットの大いなる野望。 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byHidenobu Murase

posted2013/11/22 10:30

野球芸術界に殴り込み!女子大生ユニットの大いなる野望。<Number Web> photograph by Hidenobu Murase

左から阿良田蓉、吉川愛美、堀岡暦。ポーズは左から宮出、福地、武田勝のモノマネである。

「言うなれば野球芸術界の落合博満にならないとね」

――今回の展示タイトルは「打球のゆくえにご注意ください」ですが。

  「ボールがどこに飛んでいくかわからない。ボールによって壊される境界線、見えないボールが作品から飛んでくるかも、という意味でつけました。野球の魅力を伝えたいということを前面に押し出すよりも、『私たちは野球が好きでこういった表現をしています』という純粋な思いです。『野球って楽しいんですよ』ということを、いつもと違った切り口から見て、少しでも興味をもっていただければ幸いです。そして、今は代打だけども、私たちもいずれ美術界のスタメンに名前を連ねられるようになれればと思っています」

 野球芸術界に颯爽とあらわれた『代打○○○』の作品展「打球のゆくえにご注意ください」は、19日から24日まで原宿デザインフェスタギャラリーWEST1-Bで、行なわれる。

 彼女たちを野球芸術界に踏み込ませた張本人である、ながさわたかひろ画伯はこう目を細める。

「いやぁ……俺に影響を受けたなんて気を遣って言ってくれているだけだって。まだ彼女たちの作品を見ていないからなんともいえないけどね……でも嬉しいじゃないですか。彼女たちのためにも、なんとか俺が野球芸術で食えるようになるべく、この分野を切り拓いていければいいんだけどね。そう、言うなれば野球芸術界の落合博満にならないとね」

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ