Number on NumberBACK NUMBER

6人目の60本。
~バレンティンとボンズらを比較~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2013/11/18 06:01

6人目の60本。~バレンティンとボンズらを比較~<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

前年の31本塁打からほぼ倍増となる60本塁打を放ったバレンティン。シーズン長打率でも.779と、ランディ・バースを抜いてプロ野球史上最高を記録した。

 ウラジミール・バレンティンの年間本塁打記録は、ちょうど「60号」となって日本のプロ野球史に新たな1ページを書き加えた。55号からちょうど5本の更新。60本という新たな大台に到達したことで、日本プロ野球の本塁打記録は今後、新たな基準で語られることになった。

 米大リーグには歴史上、年間60本以上の本塁打を記録した選手が5人いる。ベーブ・ルース、ロジャー・マリス、マーク・マグワイア、サミー・ソーサ、そしてバリー・ボンズ。マグワイアは2度、ソーサは3度記録している。記録した国は違うが、同じ「年間60本以上」として、今年のバレンティンと、米大リーグにおける5人の打撃内容をいろいろな角度から比較検討してみたい。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

バレンティン
バリー・ボンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ