JリーグPRESSBACK NUMBER

前人未到の天皇杯3連覇を約束!
遠藤保仁「俺らは歴史を作りたい」 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byAFLO

posted2010/12/24 10:30

前人未到の天皇杯3連覇を約束!遠藤保仁「俺らは歴史を作りたい」<Number Web> photograph by AFLO

2年前のクラブW杯ではマンUのA・ファーガソン監督にも絶賛された遠藤。南アW杯後には海外移籍の話題でも盛り上がった

 第90回天皇杯は、明日から準々決勝が行なわれ元日決勝に向けての佳境を迎える。

 今大会は名古屋グランパスのリーグ戦と合わせた2冠達成も注目のひとつだが、最大の関心事はガンバ大阪の3連覇だろう。前人未到の記録を達成し、新しい歴史を作れるかどうか――。

 そのガンバだが、今季リーグ戦では一時下位に低迷するなど苦しんだ。だが、W杯以降は徐々に復調し、最終的に2位でシーズンを終えることとなった。

 これはプラスの兆候なのだが、むしろリーグ優勝できなかったことでシーズン終盤の流れをそのまま天皇杯に持ち込む勢いが出てきている。2連覇を達成した昨季も、決勝でグランパスに4-1で大勝するなど、勢いをつけるとそのまま圧倒的な強さで相手をブチ倒すという「ガンバ劇場」を見せてくれた。

 2年前の第88回大会では、12月にクラブW杯でマンチェスターUと激闘を演じるなどして3位に食い込み、その勢いのまま突っ走り天皇杯を制した。

 過去に優勝した背景では、リーグ戦で翌年のACLへの出場権を獲得できず、天皇杯でその権利を獲得するという高いモチベーションを得られたこともあった。それほどまでに、ガンバにおけるACL出場のプライオリティーは高いのだ。

「無冠で終わるわけにはいかないからね」

 だが、今年はすでにリーグ戦で2位となり、2011年ACLの出場権を獲得している。過去2大会とは異なり、どういうモチベーションで戦うことになるのだろうか。

「無冠で終わるわけにはいかないからね」

 遠藤保仁は、そう言う。

「俺もそうだし、チームのみんなも毎年1つは必ずタイトルを獲りたいと思っている。昨年も天皇杯だけだったけど、今年ももう天皇杯しかチャンスは残っていないからね。特に今年はリーグ戦を腑甲斐ないままで終わってしまったんで、余計に獲りたい気持ちが強い」

 今季のリーグ戦はグランパスが制している。

 リーグ中盤から終盤にかけて独走し、3試合を残してゴールラインを切った。ここ数年は最終節まで優勝争いがもつれることが続いていただけに、余計に「名古屋強し」という印象を受ける。だが、一方ではガンバを含めて優勝を競っていた他チームが下位チームとの試合を取りこぼすなどして自滅していったという感も強かった(グランパスはシーズン8敗でガンバと同数。セレッソ大阪7敗、鹿島アントラーズ6敗)。

【次ページ】 ACL出場権をまだ持たない鹿島のモチベーションは高い。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

遠藤保仁
ガンバ大阪

Jリーグの前後のコラム

ページトップ