NumberEYESBACK NUMBER

1月開催で春高バレーは
真の日本一決定戦に。
~1月5日、リニューアル開幕へ~ 

text by

久保大

久保大Masaru Kubo

PROFILE

photograph byRyu Makino

posted2011/01/02 08:00

1月開催で春高バレーは真の日本一決定戦に。~1月5日、リニューアル開幕へ~<Number Web> photograph by Ryu Makino

全日本ジュニア代表の大野は、Vリーグの東レ入りが内定している

 高校バレーで最も注目を集める大会・春高が、2011年からリニューアルされ、1月5日に開幕する。

 会場が代々木第一体育館から東京体育館へ、など変更点はいくつかあるが、最も大きいのは開催が3月から1月に移ること。大会の位置づけが大きく変わることになった。

 これまで3月の春高、8月のインターハイ、10月の国体が“三冠”と呼ばれ、なかでも春高はフジテレビが全国中継することもあって、知名度は高く、大山加奈、栗原恵など多くの人気選手を生んできた。しかし、3月開催のため、出場できるのは1、2年生のみの選抜大会という位置づけだった。優勝校が、その年の最強チームなのかと言えば、疑問符がついたのは確かだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

バレーボールの前後のコラム

ページトップ