SCORE CARDBACK NUMBER

新春高が可能にした、
東龍の変化とリベンジ。
~春高バレー女子決勝を読み解く~ 

text by

久保大

久保大Masaru Kubo

PROFILE

photograph byRyu Makino

posted2011/02/01 06:00

新春高が可能にした、東龍の変化とリベンジ。~春高バレー女子決勝を読み解く~<Number Web> photograph by Ryu Makino

キャプテン村田しおりは攻守の要として、MVPを獲得。Vリーグの久光製薬に入団する

 新しく生まれ変わった春高バレーの女子決勝は、東九州龍谷(東龍)の春高四連覇で幕を閉じた。

 3月に開催されてきた春高は、1月に移ることで3年生の出場を可能にし、インターハイに冠していた全日本高校選手権のタイトルも移して、名実ともに日本一を決める大会にリニューアルした。

 決勝の相手は、インターハイ、国体を制し、三冠を目指す古川学園。昨年3月の旧春高は東龍が、10月の国体は古川が勝った。岡崎典生・古川監督と相原昇・東龍監督は日体大バレー部の同級生でもある。手の内を知り尽くした攻防を分けたのは、「変化」だった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

バレーボールの前後のコラム

ページトップ