Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<独占インタビュー> 木村沙織 「銅メダルはまだ道の途中」 ~世界バレーの激闘を振り返る~ 

text by

久保大

久保大Masaru Kubo

PROFILE

photograph byAtsushi Hashimoto

posted2010/12/06 06:00

<独占インタビュー> 木村沙織 「銅メダルはまだ道の途中」 ~世界バレーの激闘を振り返る~<Number Web> photograph by Atsushi Hashimoto
10月29日に開幕した女子バレー世界選手権。全日本女子は中国、
ロシアに敗れたものの、2位で予選を突破し、決勝ラウンドへ進んだ。
メダルを懸けた激闘を、エースが振り返る。

 11月14日、全日本女子は世界選手権で、32年ぶりとなる表彰台に上った。銅メダルの立役者が、木村沙織であることを疑う人はいないだろう。全日本は、木村がスパイクとサーブレシーブを高いレベルでこなすことによって、成立しているチームだ。

    スパイク打数 505
    サーブレシーブ数 406
    サーブ打数 191

 これは彼女が今大会で残した数字である。すべて参加全選手中1位。すなわち、木村は最もスパイクを打ち、最もサーブを受け、最もサーブを打った選手だった。得点ランキングは2位、サーブは4位、スパイク決定率も40%を超えた。サーブレシーブをこなすアタッカーとしてはトップクラスだ。

 彼女はいかにして、全日本を世界3位に導いたのか。所属チームの東レに戻った木村を、滋賀に訪ねた。

――以前から「メダルを懸けた試合をしたい」と言っていました。今回初めて、その舞台に立ちました。

「準決勝のブラジル戦は、自分の調子もよかったし、勝ちにいくという雰囲気がチーム全員から漂っていました。ブラジルは『今日の日本はなんか違うぞ』、逆に日本は『押してけ、押してけ』。もしかしたら勝てるかも、と感じながら戦っていました」

――第1セットを25-22、第2セットもデュースの末35-33で取りました。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4088文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

創刊30周年特別編集欧州サッカー回顧録伝説はいかにして創られたのか。
木村沙織
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後の記事

ページトップ