NumberEYESBACK NUMBER

女子カーリング日本代表、
北海道銀行の「確かな歩み」。
~ソチを目指す小笠原歩の求心力~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byJun Tsukida

posted2013/10/07 06:00

女子カーリング日本代表、北海道銀行の「確かな歩み」。~ソチを目指す小笠原歩の求心力~<Number Web> photograph by Jun Tsukida

代表決定戦を制し、笑顔を見せるフォルティウス(左端が小笠原)。

 3年分の涙と笑顔があふれた。

 9月17日、ソチ五輪カーリング最終予選に臨む女子の日本代表決定戦を制したのは、北海道銀行フォルティウスだった。決勝は予選を1位で通過したフォルティウスと中部電力との対戦。中部電力はこの3年、日本代表として国際大会に出場し、今年2月の日本選手権でも予選こそフォルティウスに敗れたものの決勝では9-4と大差で下している。中部電力が実力は上、有利と見る関係者は少なくなかった。しかし、勝利したのはフォルティウスだった。

 何がこの結果をもたらしたか。それはチームワークのレベルだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1071文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

エースたちの日本シリーズ。~秋の頂上決戦秘話~
北海道銀行フォルティウス
小笠原歩
船山弓枝
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ