ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

「ボランチ長谷部誠」新天地で始動。
欧州でセンターラインを担う意味。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/09/19 10:30

「ボランチ長谷部誠」新天地で始動。欧州でセンターラインを担う意味。<Number Web> photograph by AFLO

昇格チームで現在最下位のブラウンシュバイク相手に引き分けという結果は喜べない。ビージンガー監督は「長谷部一人の力で勝てるわけではない」とコメント。専門誌の採点はキッカーが3.5、ビルトは4と辛口評価だった(最高が1、最低が6)。

欧州でボランチを務めるのに必要な資質。

「ヨーロッパでボランチで出る選手はやっぱり、けっこうつぶせる選手が使われるのかなという気がしますけどね」

 ニュルンベルクで3年という長期の契約を結んだ長谷部は、チームの成績を上げることはもちろん、自身の存在証明をかけて戦う必要がある。フィジカル的な強さを求められる中央のポジションで、ヨーロッパの選手に体格で劣る日本人の長谷部が、しっかりとプレーできるかどうか。

「やっぱり、真ん中のポジションではそこの壁(フィジカル能力の差)にぶつかっている日本人選手は多いし、自分の課題でもある。そういうところで、認められないといけないなという思いはあります」

 肉体的なハンデを乗り越えて、ニュルンベルクのボランチとして確固たる存在になること。それが、これから長谷部が挑む戦いなのである。

関連記事

BACK 1 2 3
ニュルンベルク
清武弘嗣
長谷部誠

海外サッカーの前後の記事

ページトップ