NumberEYESBACK NUMBER

相性の良い“エビアン”で
宮里藍がメジャー制覇に挑む。
~取り戻した自信、3度目の優勝を~ 

text by

川野美佳

川野美佳Mika Kawano

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/09/05 06:00

相性の良い“エビアン”で宮里藍がメジャー制覇に挑む。~取り戻した自信、3度目の優勝を~<Number Web> photograph by Getty Images

現在世界ランク14位の宮里藍は、米国ツアー通算10勝目を目指す。

 今シーズン、アメリカ女子ゴルフツアーには日本勢過去最多の5人がフル参戦している。宮里藍を筆頭に宮里美香、上田桃子、有村智恵、上原彩子の布陣。孤独なスポーツゆえ同じ言語で語り合える仲間が増えることは藍いわく「良いことはあっても悪いことはひとつもない」。

 実績のある有村と上原の加入で開幕前は欧米のメディアが“ジャパニーズセンセーションの幕開け”と書き立てたが、現時点(8月31日現在)で賞金ランクは藍の21位が最高。美香が32位、有村45位、上原54位、上田94位と苦戦を強いられている。

 それだけツアーの層が厚くレベルが高いわけだが、だからといって勝機がないわけではない。9月12日から始まるメジャー最終戦エビアン・チャンピオンシップは日本勢にとって優勝が狙える大きなチャンスといえそうだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

宮里藍
宮里美香
上田桃子
有村智恵
上原彩子
インビー・パーク
ステイシー・ルイス
リディア・コ

ゴルフの前後のコラム

ページトップ