スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

今季と来季のジャイアンツ。
~サンフランシスコ王朝誕生の予感~ 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2010/11/07 08:00

今季と来季のジャイアンツ。~サンフランシスコ王朝誕生の予感~<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

ニックネームは「ザ・フリークス」。身長は松坂大輔より低い180センチながら、全身のバネを大きく使い、思い切り前へ踏み込む独特の投球フォームで150キロ後半の速球を投げ込む

補強と育成の両輪が王朝誕生の推進力となる。

 さて、そのレンテリーアが抜け、A・ハフとJ・ウリーベがFAでチームを去るとなったら、内野は当然寂しくなる。'09年にブレイクした「カンフー・パンダ」ことP・サンドバルが故障から復帰すれば三塁は安泰だが、遊撃と一塁の穴はだれが埋めるのだろうか。

 私の観測では、候補がふたりいる。

 遊撃手は、今季ツインズで働いてFAの資格を得たJ・J・ハーディが有力だ。以前の長打力は失われたようだが、攻守のバランスが取れた選手だけに、獲得できればレンテリーア以上の活躍は十分に見込めるだろう。

 一方の一塁はハフと再契約を結ぶことになるのだろうが、新人B・ベルトの台頭を期待したい。'09年ドラフト5巡目で加入したベルトは、今季マイナーリーグで3割5分2厘/23本塁打/112打点の好成績を残している。シーズン終盤には、トリプルAに昇格して13試合で4本塁打。順調に伸びれば、今季のB・ポージー捕手に続いて、次代のジャイアンツを担う存在になるのではないか。

最大の懸念材料はライヴァルの台頭よりも投手陣の故障。

 とまあそんなわけで、私は来季のジャイアンツにかなり期待をかけている。「投手の年」の傾向はまだ当分続くはずだし、ナ・リーグ西地区を見渡してみても、強力なライヴァルがいまのところ見当たらないからだ。

 まずパドレスの強さは本物とは思えないし、ロッキーズはムラが激しい。ドジャースは振り出しに戻った感があるし、ダイヤモンドバックスも工事中の印象を拭いがたい。鬼も笑い出す来年の予想だが、ジャイアンツがなによりも警戒すべきは、若手投手陣の故障発生だろう。私が危惧しているのは、身体の線が細いリンスカムやサンチェスの健康だ。彼らが来季の出だしさえ無事に乗り切れば、「王朝」の予感は現実に近づいていく。

関連記事

BACK 1 2
サンフランシスコ・ジャイアンツ

MLBの前後の記事

ページトップ