SCORE CARDBACK NUMBER

現場の声から改革か、
プレーオフ開催方法。
~MLB地区シリーズは7試合制へ?~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/11/01 06:00

現場の声から改革か、プレーオフ開催方法。~MLB地区シリーズは7試合制へ?~<Number Web> photograph by Getty Images

接戦が少ない地区シリーズ。今季もフィリーズ(写真)とヤンキースが3勝0敗で突破した

 世界一を目指すプレーオフの戦いが進む中、今年も開催方法を巡る議論が聞こえてきた。現在、5試合制で行なわれている地区シリーズを7試合制にすべきか、という問題である。過去数年来、「運に左右されにくい」との理由で7試合制を望む意見は、随所で取り上げられてきた。

 今後、この論議で重要な位置を占めるのが、バド・セリグ・コミッショナーの諮問機関である特別委員会である。議決権こそないものの、フィールド内での諸問題について意見を具申する機関で、ジョー・トーリ、トニー・ラルーサら監督経験者4人をはじめ、現役オーナー、コラムニストら14人で構成されている。昨年12月の発足当時、セリグは「我々はどんなことでもオープンに話し合っていく」と、委員会の存在意義について語った。その後は、ビデオ判定導入、試合時間短縮などの問題で意見交換を行ない、現場の声を反映させてきた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 532文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

越境最前線。~世界から見た日本人の価値~

関連記事

MLBの前後の記事

ページトップ