Jリーグ万歳!BACK NUMBER

齋藤学の武器はドリブルではない!?
パスを“出させる”動きで勝負せよ。 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2013/08/03 08:02

齋藤学の武器はドリブルではない!?パスを“出させる”動きで勝負せよ。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

東アジアカップベストゴールとの呼び声も高い、齋藤学がオーストラリア戦に決めたドリブルゴール。しかし、ドリブル以上の影響力をチームに及ぼす可能性を齋藤は秘めている。

ドリブル+オフザボールにこそ可能性がある。

 しかし本人は至って謙虚だ。柏戦の後、「代表に行って学んだことは?」と問われると、本人は努めて冷静に言葉を選んだ。

「チームは別ですし、ザックはザックのやり方があったので。またマリノスに戻って来て、ここはここで自分のやり方が変わってくるので。そんなに代表を意識することはないんですけど、やっぱり見られているという立場に変わってくると思うので。今日みたいに外してちゃダメかな、という感じですね」

 もちろんそのとおりだ。常に謙虚であることも大切に違いない。しかし本当にフル代表への定着を狙うなら、もっとその気持ちを強くアピールしていい。

 柏戦ではいくつかの課題も露呈した。19分の守備はポジショニングが曖昧だったし、79分の仕掛けはもっと強引にフィニッシュまで持っていっていい。帰国から2日後の強行日程とはいえ、キレのあるプレーを連発した前半に比べて後半の齋藤はあまりにも静かだった。岡崎ならきっと90分間走り続けたはずである。

 齋藤には岡崎にはないドリブルがある。しかしドリブルで勝負するなら柿谷曜一朗も乾貴士もいる。磨くべきは、オフザボールの動きの質と量。そこに1年後へとつながる可能性がある。

関連記事

BACK 1 2 3 4
齋藤学
横浜F・マリノス
岡崎慎司

Jリーグの前後の記事

ページトップ