SCORE CARDBACK NUMBER

新監督の初采配に見えた、
全日本男子バレーの変化。
~サトウ氏が求める状況判断の質~ 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/08/01 06:00

新監督の初采配に見えた、全日本男子バレーの変化。~サトウ氏が求める状況判断の質~<Number Web> photograph by AFLO

サトウ氏の監督就任から、はや5カ月。世界ランク19位のチームには課題が山積の状態だ。

 全日本初の外国人指揮官となった男子バレーのゲーリー・サトウ新監督が、ワールドリーグで初采配を振るった。世界ランキング19位の日本を含むランキング下位の6チームで構成されたプールCで、結果は3勝7敗の最下位。2008年の北京五輪以降5年近く停滞し世界から遅れをとった日本が、米国人監督を招いたからといってすぐに国際大会で勝てるほど世界は甘くない。改めて日本が手をつけなければならない課題の多さが浮き彫りになった。

 数字的には厳しい結果だが、内容的には多くの変化が見えた。チーム始動から大会開幕まで練習時間が約1週間と限られる中、指揮官はサーブレシーブの新フォームや、速さよりスパイカーの高さや能力を活かせるトスなど、新たな要素を取り入れ、いくつかで成果を上げた。その一つが状況判断に優れた「スマートなバレー」だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 554文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表に問う。

Sports Graphic Number 833

日本代表に問う。

 

関連記事

ゲーリー・サトウ
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後の記事

ページトップ