SCORE CARDBACK NUMBER

夏の聖地で雄姿を見たい、
東西2人の「特A」野手。
~甲子園を目指す注目の打者~ 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/07/25 06:00

夏の聖地で雄姿を見たい、東西2人の「特A」野手。~甲子園を目指す注目の打者~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

高校通算40本塁打まで迫っている東海大甲府の渡邉諒。ショートの守備にも磨きがかかる。

 山梨大会開幕6日前の7月7日、東海大甲府と狭山ヶ丘の練習試合が狭山ヶ丘高グラウンドで行なわれた。東海大甲府の4番打者は、高校ナンバーワン遊撃手の誉れ高い渡邉諒である。

 どのくらい前評判が高いかというと、日刊スポーツ紙が甲子園大会出場を争う49代表地区の投打ナンバーワンを紹介した記事の中で山梨県を代表するナンバーワン野手に推したのが渡邉で、その評価欄には「特A」の評価がつけられていた。49地区の中で特A評価は渡邉と森友哉(大阪桐蔭・捕手)の2人だけである。

 狭山ヶ丘との練習試合では2試合とも4番・遊撃手でスタメン出場し、第1試合では安打、二塁打、本塁打を放っている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 589文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表に問う。

Sports Graphic Number 833

日本代表に問う。

 

関連記事

渡邉諒
森友哉
園部聡
内田靖人
大阪桐蔭高校
東海大甲府高校
聖光学院高校
常総学院高校

高校野球の前後の記事

ページトップ