有料記事一覧ページ新設のお知らせ

SCORE CARDBACK NUMBER

宝塚で崩れた4強の構図。
どうなる秋の欧州戦線。
~春競馬の大一番で起きた変化~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2013/07/23 06:00

宝塚で崩れた4強の構図。どうなる秋の欧州戦線。~春競馬の大一番で起きた変化~<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

ゴールドシップは秋も国内に専念の予定。オルフェーヴル陣営は2年連続の凱旋門賞挑戦を決めたが、ジェンティルドンナは海外遠征を見送った。

 春の天皇賞では、単勝130円という断然人気に応えられなかったゴールドシップ(牡4歳、栗東・須貝尚介厩舎)。誰も真似ができない超ロングスパートがこの馬の武器だが、あの日はなぜか内田博幸騎手のゴーサインにまったく反応してくれなかったらしい。

 2着に健闘したトーセンラーに騎乗していた武豊騎手が教えてくれた。

「当然、こっちは後ろのゴールドシップの動き出しを警戒して乗っているわけです。でも、道中から人馬がどこかしっくりいっていない雰囲気を感じるんです。3コーナーでは後ろから内田騎手の大声が聞こえる。手を動かしても反応がないので、声で気合いをつけているんですが、それでも上がってくる気配がありませんでした。相手はあの馬ではない、と、あの時点でみんな気がついたはずです」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 611文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

ゴールドシップ
トーセンラー
内田博幸
ジェンティルドンナ
フェノーメノ
オルフェーヴル
武豊

競馬の前後のコラム

ページトップ