MLB東奔西走BACK NUMBER

来季はシカゴかオークランド?
それでも松井秀喜が自信を得た理由。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byKYODO

posted2010/10/18 10:30

来季はシカゴかオークランド?それでも松井秀喜が自信を得た理由。<Number Web> photograph by KYODO

今季最終戦となった10月3日のレンジャーズとのゲームで先制2ランを放ち、ベンチで祝福される松井秀喜

エンゼルスが目論むクロフォードの獲得が焦点に。

 構想通りに松井がシーズンを通して主軸を担えていれば、エンゼルスは間違いなく最後まで地区首位争いをしていただろう。

 その影響もあってか、シーズン終盤から日米メディアで松井秀不要論が飛び出し、オフになっても引き続いている状態だ。エンゼルス番記者の1人に話を聞いてみると、やはり“松井秀再契約”はかなり可能性が低いようだ。

 エンゼルスのオフにおける戦力補強の最優先順位にあるのは、今シーズン限りでFAとなるレイズのカール・クロフォードの獲得だ。

 走攻守揃ったオールラウンド・プレイヤーで、野手では今オフのFA市場最大の注目選手。もちろんエンゼルスのみならず、ヤンキースをはじめとする強豪チームが獲得を目指しており、激しい獲得競争になるのは必至の状況だ。

松井は今季、故障を乗り越えたことで自信を深めたはず。

 このエンゼルスの動きの狙いは、松井と同年齢で来年37歳になるボビー・アブレイユの守備機会を減らし、指名打者での出場数を増やしていきたいということだろう。さらにアブレイユは松井秀と同じ左打者であり、彼が指名打者で先発することが多くなれば、必然的に松井秀の存在価値は薄らいでしまう。

 いずれにせよクロフォード獲得に成功すれば外野手枠は1つ減る。すると外野手最年長のアブレイユがはじき出され、松井の再契約の可能性は限りなくゼロになってしまうわけだ。

 松井の移籍チーム候補として4チームの名前が考えられると件の番記者は予想しているという。

 いずれもシーズンを通して任せられる指名打者が存在しない、レイズ、ホワイトソックス、ロイヤルズ、アスレチックスだ。すでに現地メディアでも、ホワイトソックス、アスレチックスが松井秀獲得に興味を示していると報じている。

 果たして来シーズンの松井秀喜は何色のユニフォームに袖を通しているのだろうか。ただ、1つだけ断言できるのは、故障続きだったヒザに悩まされることなくシーズンを戦い、さらに計18試合左翼を守った。これは松井自身にとって大きな自信になったはずだ。その自信を胸に、来シーズンこそ活躍してくれることを日本のファンは期待している。

関連記事

BACK 1 2
松井秀喜
カール・クロフォード
ロサンゼルス・エンゼルス

MLBの前後の記事

ページトップ