スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

イチローに試練の2012年が来る……。
シアトルか、優勝か? それが問題だ。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/09/28 10:30

イチローに試練の2012年が来る……。シアトルか、優勝か? それが問題だ。<Number Web> photograph by Getty Images

シアトル一筋に来たイチローだが、「東海岸の名門チームならその名声は数倍」という意見は昔からあった。野球人生の後半戦になって、彼はどういう判断を自らに下すのか……

後半の野球人生を自由に描ける立場に立ったイチロー。

 つまり、マリナーズが彼をトレードしようとしてもイチロー本人の承諾がなければトレードできなくなる。たとえば2012年のシーズン、マリナーズがシーズン途中にイチローをトレードに出そうとする可能性は、メジャーリーグのビジネス慣習から見てゼロではない。そんなとき、イチローはどんな決断を下すのだろうか?

 もちろん、マリナーズが2012年のシーズン初めに契約延長を申し出ることも考えられるが、その場合は40歳を迎えようとする選手に15億円前後の予算を使う是非をめぐって、地元マスコミとの対決は避けられそうにない。保守的な風土を持つマリナーズの経営陣と、大きな権利を手にしたイチローがどんな決断を下すのか注目される。

 いまやイチローは残りの野球人生のおおまかなストーリーを、自分自身の意志だけで描くことが可能な選手にまで到達したのだ。この権利は10年間、メジャーリーガーとして安定した活躍をしてきたことのご褒美である。

 ただし、アメリカのスポーツ界では個人タイトルはなくとも、数々の優勝経験を持つ選手が大きな尊敬を集めるのを忘れてはならない。個人タイトルのないジーターがそうだ。イチローはいまより大きな尊敬を集められる可能性がある。

 優勝か? シアトルか?

 次の契約が大きな岐路となるのは間違いない。

関連記事

BACK 1 2 3
イチロー
シアトル・マリナーズ

MLBの前後の記事

ページトップ