オリンピックへの道BACK NUMBER

100mの山縣vs.桐生だけじゃない!
充実の日本陸上陣、飛躍の夏へ。  

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byYUTAKA/AFLO SPORT

posted2013/06/10 11:50

100mの山縣vs.桐生だけじゃない!充実の日本陸上陣、飛躍の夏へ。 <Number Web> photograph by YUTAKA/AFLO SPORT

レース後のコメントで「70m付近で、もう抜かされることはないなと思った」と完璧な勝利を語った山縣。「勝ててホッとしています」と笑顔がこぼれた。

お互いに良きライバルとして認め合う山縣と桐生。

 十分なレースではなかったかもしれないが、成果もあった。

「山縣君に前に行かれて心理的に動揺がある中、桐生君は後半の走りで修正してみせました」

 と、伊東氏は評価する。能力の高さを示したのである。

 陸連の規定により、山縣に加え桐生も世界選手権代表入りを果たした。2人は、常日頃は「LINE」でやりとりする仲だという。その中で山縣は、「怪我に気をつけて」と励ましを送るなどしてきた。

「一緒に強くなっていきたい仲間です。世界選手権でもお互いに励ましあおうと思っています」(山縣)

 レース後、がっちり握手を交わして称えあう姿があった。きっと切磋琢磨し、9秒台を目指していくだろう。その光景は、明るい未来を予感させるものでもあった。

ディーン元気、杉浦はる香、紫村仁美……陸上界の世代交代の兆し。

「励ましあうライバル」ということで言えば、やり投げの村上幸史とディーン元気もそうだ。

 昨年、急成長を遂げたディーンに、「やっと競う相手が現れました」と、長年、第一人者として君臨してきた村上は笑顔を見せた。刺激を受ける相手がいること、競いあうことが自身の成長につながることを知っていたからだろう。

 昨年のロンドン五輪では村上が予選落ち、ディーンが決勝進出と明暗を分けた。今年は、日本選手権で優勝した村上が世界選手権代表を決め、ディーンは2位ながら記録が代表選出の基準に達していないため、今大会では代表入りを決められなかった。

「相当悔しいです。大きくなって戻ってきたいです」

 故障に苦しんできた今シーズンだが、この苦い思いと村上の存在は、あらためて今後の糧になるだろう。

 大会では、400mで日本歴代2位、日本ジュニア記録を9年ぶりに更新した高校3年生の杉浦はる香、100mハードルで参加標準記録Bを切って初優勝した22歳の紫村仁美ら今後が期待される選手も現れた。

【次ページ】 「日本選手権20連覇は目指したい」と39歳の室伏広治。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

桐生祥秀
山縣亮太
村上幸史
ディーン元気
杉浦はる香
紫村仁美
室伏広治
吉田文代
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ