オリンピックへの道BACK NUMBER

100mの山縣vs.桐生だけじゃない!
充実の日本陸上陣、飛躍の夏へ。  

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byYUTAKA/AFLO SPORT

posted2013/06/10 11:50

100mの山縣vs.桐生だけじゃない!充実の日本陸上陣、飛躍の夏へ。 <Number Web> photograph by YUTAKA/AFLO SPORT

レース後のコメントで「70m付近で、もう抜かされることはないなと思った」と完璧な勝利を語った山縣。「勝ててホッとしています」と笑顔がこぼれた。

山縣が勝つために意識した、逆説的な思考とは?

 山縣は桐生に敗れた織田記念のあと、こう口にしてきた。

「自分が先に9秒台を」

 昨年のロンドン五輪100mでは準決勝に進出するなど飛躍。短距離界のエース格に躍り出ていただけに、「負けた意識をなかなか払拭できませんでした」という。

 だが織田記念後の大会で、タイムは思うように上がらなかった。納得の行く走りにならなかった。

 どうしてなのか。思い巡らし、到達した結論は「9秒台を意識すればタイムは出なくなる」だった。

 だから大会には、こんな心境で臨んだという。

「期待に応えるためにも、あえて狙わないでいこうと思っていました」

 すると、走りから無駄がなくなった。前日の予選でも10秒14と、世界選手権の参加標準記録のAを破る走りをし、決勝でも素晴しいスタートダッシュを見せ、好調を持続したのである。

100m日本記録保持者の伊東浩司は、桐生をどう見たか?

 現役時代は10秒00の日本記録を持ち、もっとも9秒台に近かった日本陸連男子短距離部長の伊東浩司氏も、「完璧。実力どおりのレースができたと思います」と山縣を絶賛する。

 対する桐生はどうだったか。

 伊東氏はこう指摘する。

 「スタート前の仕草を見ていると、まだ高校生。緊張していて場慣れしていないですね」

 織田記念以降、常に脚光を浴びる立場となった。しかも、よくよく考えれば、日本選手権は初出場なのだ。十分なパフォーマンスを発揮できなくても無理はない。

 桐生自身も「(スタートは)苦手というより、思い切りのよさがなくなっていました。メンタルで負けました」と語っている。

 レースまでのメンタルの違いが、スタートの差、そして結果へと結びついたのである。

 ただ桐生の場合、メンタルばかりではないだろう。織田記念後、インターハイ予選などの過密日程を心配する声は少なくはなかった。しかも、5月31日から行なわれた京都府高校競技対校選手権では3日間で9レースこなしている。疲労がなかったとは言えない。疲労から細かな技術の精度が狂うこともあるという。そうした面も影響したのではないか。

【次ページ】 お互いに良きライバルとして認め合う山縣と桐生。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

桐生祥秀
山縣亮太
村上幸史
ディーン元気
杉浦はる香
紫村仁美
室伏広治
吉田文代
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ