スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

じん帯断裂のストラスバーグ。
「トミー・ジョン手術」は大丈夫か? 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/09/06 10:30

じん帯断裂のストラスバーグ。「トミー・ジョン手術」は大丈夫か?<Number Web> photograph by Getty Images

フォーシームのストレートで普段から150キロ台後半を出し、最速166キロを記録していたストラスバーグ。他にもツーシーム、チェンジアップ、カーブなども使いこなす変化球投手としての一面も持っているという、万能型の好投手である

完全復活して104マイル、105マイルが出たりして!!

 ただし、投手としての中身はリハビリによって変わっているかもしれない。

 ケガをしないための体づくりをしていくことで、投手そのものが生まれ変わっている場合もあるということだ。それほど、メディカル面での進化は驚くべきものがあるのだ。

 ストラスバーグは、来年のスプリングトレーニングの時期にはすでにボールを握ってのトレーニングをスタートさせているはず。“球界の至宝”とまで呼ばれているだけに、完全復活を祈りたいが……リハビリを終えてもっと球速がアップしていたらどうしよう!

 104マイルとか、105マイルとか出たりして!!

 トミー・ジョン手術を経て、ストラスバーグがどう変身するのか、楽しみに待つことにしよう。

■関連コラム► 田中将、斎藤佑、ストラスバーグ。投球回数に現れる若手育成法の違い。
► ストラスバーグの快投がドラフトの価値を変える。~MLBで成功している戦力均衡策~

コメントする・見る
BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

スティーブン・ストラスバーグ

MLBの前後のコラム

ページトップ