プロ野球亭日乗BACK NUMBER

足を上げるか、上げないか?
松井秀喜とT-岡田、運命の別れ道。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byyukihito Taguchi/Hideki Sugiyama

posted2010/08/09 10:30

足を上げるか、上げないか?松井秀喜とT-岡田、運命の別れ道。<Number Web> photograph by yukihito Taguchi/Hideki Sugiyama

入団当初から松井秀喜と同じ背番号55を与えられたT-岡田。ここまで28本塁打でパ・リーグのホームラン王争いの首位を走る(8月5日現在)

チーム一丸となってT-岡田を支えたエピソードとは?

 ある日の練習後、選手サロンでのことだった。落ち込んでいるT-岡田を見て、数人の選手がT-岡田の特注Tシャツを着て食事をしだした。次の日にはまた数人が、そして次の日も……。そうしていつの間にか選手サロンが、T-岡田Tシャツで一杯になったのだ。

「“悩んで、落ち込んでいるけどガンバレや!”という無言の励ましでしたね」(前出・担当記者)

 そして、もう一人、手を差し伸べたのが岡田監督だった。

 5月に二人だけの打撃練習が始まった。室内練習場を閉め切って、延々と続くマンツーマンの打撃指導。そのとき指揮官が教えたのが、いまのノーステップ打法だった。

 両足を大きく開く。重心を落として低く構えてノーステップでスイングする。

「下半身の動きを抑えることで、低めのボール球を振ることが少なくなった。甘く来たのをしっかりとらえられている」

 本人はこの打法の利点をこう解説する。

 あとやるべきことは、バットの軌道に集中することだけだった。そうすることによって、来た球に逆らわずにセンターから逆方向へも強い打球が打てるようになった。

 足を上げるのか、それとも上げないのか。

 松井とT-岡田はまったく逆方向に進むことでそれぞれの道を見つけ出した。しかしその過程で生涯の恩師と出会い、本塁打を打つという特別な才能を開花させた。

 そして松井は「背番号55」を特別な意味を持つナンバーに育て上げ、T-岡田はその継承者としての道をいま、歩みだしたわけである。

関連記事

BACK 1 2
T-岡田
松井秀喜
長嶋茂雄
岡田彰布

プロ野球の前後の記事

ページトップ