SCORE CARDBACK NUMBER

大ブレイクの榎田大樹を
支えた2人の“恩人”。
~先発転向に成功した虎の左腕~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byKYODO

posted2013/05/14 06:00

大ブレイクの榎田大樹を支えた2人の“恩人”。~先発転向に成功した虎の左腕~<Number Web> photograph by KYODO

4月18日の巨人戦で2勝目。東京ドームは、プロ入りの“夢”を切り開いた思い出の舞台だ。

 独走する巨人との3連戦。能見篤史、スタンリッジで連敗して迎えた4月18日の第3戦、先発のマウンドに上がったのは、3年目の榎田大樹だった。今季から先発に転向した榎田は8回途中まで被安打6、1失点の力投で、同一カード3連敗を食い止めた。スタンドの阪神ファンは「ズルズルと負けない。今年の阪神は違う」と手ごたえを感じていた。

 福岡大から社会人の東京ガスを経て、'11年に阪神に入団すると、2年間で110試合に登板し、中継ぎの柱として活躍。昨季はオールスターにも選ばれたが左ひじを痛めて出場を辞退すると、9月末に左ひじの遊離軟骨除去手術を受けた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

阪神タイガース
榎田大樹
下柳剛

プロ野球の前後のコラム

ページトップ