詳説日本野球研究BACK NUMBER

フレッシュオールスターを徹底検証。
あの甲子園のスターは成長したか? 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/07/28 10:30

フレッシュオールスターを徹底検証。あの甲子園のスターは成長したか?<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

7回表に左翼スタンドに特大の本塁打を放ち、今宮健太とハイタッチをする堂林翔太(左)

豪快な一発でセンスを見せた堂林翔太。

 筒香がノーヒット、今宮が1安打と苦労する中、7回に中押しの本塁打を放ったのが堂林だ。レフトスタンド中段に入る特大の本塁打で、さすが昨夏の甲子園の優勝メンバーだと感心した。何より、堂林のレフトスタンド一直線の打球は見た記憶がない。

 そもそも堂林は、球を捕手寄りでとらえセンターから右中間方向に長打するところに特徴がある。とはいえ、高校卒ルーキーが、二軍とはいえプロの球を同じように打ち返すことは至難の業といっていい。今、それができないなら、確率が落ちてもミートポイントを投手寄りに移し、配球の読みで対応していこう、そんな試行錯誤する姿がこの豪快な一発からはしっかり読み取れた。

 このフレッシュ球宴を見た翌日から、大分、山口、佐賀と東奔西走し、夏の甲子園の地方予選を戦う高校生の逸材を見て回った。そして、1年前の堂林たちの姿を、地方球場でプレーする目の前の球児たちに重ね合わせても、まったく違和感なく受け入れられた。中学時代に野球をやらなかったプロ野球選手はいても、高校時代に野球をやらなかったプロ野球選手は1人もいないという事実。プロ野球選手の原点はこの地方大会にあるのだなと、改めて思った。

関連記事

BACK 1 2
今村猛
今宮健太
堂林翔太

プロ野球の前後の記事

ページトップ