オリンピックへの道BACK NUMBER

日本陸上界、リオへ向け再スタート!
飛躍のための改革と気鋭の若手たち。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byNaoki Ogura/JMPA

posted2013/04/19 10:30

日本陸上界、リオへ向け再スタート!飛躍のための改革と気鋭の若手たち。<Number Web> photograph by Naoki Ogura/JMPA

ロンドン五輪で、自己ベストであり、日本選手として五輪歴代最高タイムとなる10秒07を記録した山縣亮太。グランプリシリーズ第3戦の織田記念(4月28日、29日)では、その走りに注目が集まっている。

若くして大舞台を経験した選手は少なくない。

 山縣とともにリレーメンバーとして5位入賞を果たした24歳の江里口匡史、21歳の飯塚翔太らもアメリカやジャマイカといった強豪国と同じ場を走った経験をいかしたいところだ。女子の短距離陣もまた、ロンドンでは100、200mともに自己記録に遠く及ばないタイムで思わぬ結果に終わった福島千里の巻き返しや、16歳で出場した土井の成長ぶりが注目される。

 山縣と同様、20歳でロンドン五輪に出場し、決勝に進んだやり投のディーン元気も、この冬、欧州の有力選手とともに南アフリカで練習するなど意欲的に取り組んできた。

 六大学対校では、80m15で優勝。

「技術のチェックのつもりだったので75m飛べばと思っていました。悪くないですね」

 と手ごたえを得た。

 こう見ていくと、若くして大舞台を経験した選手は少なくない。

 彼らがその経験をいかしていくことができれば、リオではこれまでにない日本の陸上の姿を見せることができるかもしれない。

 そのための第一歩が始まる。

関連記事

BACK 1 2 3
中本健太郎
室伏広治
山縣亮太
江里口匡史
飯塚翔太
ディーン元気
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ