野ボール横丁BACK NUMBER

大谷翔平、プロ初登板をどう見るか?
未熟な投球に感じた“鉱脈”。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2013/04/12 11:35

大谷翔平、プロ初登板をどう見るか?未熟な投球に感じた“鉱脈”。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

「初回から身体に緩みがあって、キレが無かった」と自らを客観的に語ることができていた試合後の大谷。テレビ観戦した栗山監督は「うまく抑えると逆に課題が見えないから。それ(課題)がはっきりしたからいい」とコメント。

二兎を追ってはいるが、本命はやはり「投手」なのだ!

 もちろん試合環境の不利も考慮すべきだろう。

 この日の試合開始は午前11時。ずっと一軍に帯同していたため、体がナイターに慣れていた。ランニングの量を多めにするなど工夫はしたが、「朝早いゲームだったので……」と調整の難しさを吐露した。

 それでも3回以降は自ら捕手の近藤に100キロ台の縦の大きなカーブを交えることを提案し、体の開きを修正する非凡さも見せた。

「体が横振りになっていたので、もっと(体を)縦に使いたいということで。緩急もつけられるし、体もいい動きになる」

 3回、4回は球速こそやや落ちたが、初めて真っ直ぐで空振り三振を奪うなど1安打無失点に抑えた。この日は結局、4回を投げて5安打3失点で敗戦投手となったものの、近藤は潜在能力の高さを実感していた。

「最後の方は力が抜けて、逆に縦回転の強い球がきていた。真っ直ぐでファウルも取れましたし、空振りも取れるようになった」

 開幕から約2週間。大谷は、野手としての「成熟」を見せる一方で、投手としては「未熟」を露呈した。

「まだまだじゃないかなと思いますし、今のままだとダメかなと思う」

 だがそのぶん投手の方が鉱脈の大きさを感じさせるのも事実だ。そして何よりあの表情を見ていると、二刀流を貫くのか、またいずれはどちからに絞るのかは別として、今の大谷の気持ちはやはり「投手」なのだなと感じた。

関連記事

BACK 1 2
北海道日本ハムファイターズ
大谷翔平
近藤健介

プロ野球の前後の記事

ページトップ