SCORE CARDBACK NUMBER

競技歴2年でメダル候補に。
ソチ新種目の“新星”。
~スキー・ハーフパイプ、小野塚彩那~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/04/09 06:00

競技歴2年でメダル候補に。ソチ新種目の“新星”。~スキー・ハーフパイプ、小野塚彩那~<Number Web> photograph by AFLO

世界選手権では日本勢初の表彰台に。決勝2回目の後は「勝ったと思った」と悔しがった。

 3月上旬、遠征から帰国すると、空港での出迎えの多さに「ふつうに帰ってくると思っていたので、驚きです」と、びっくりした表情を浮かべた。無理もない。世界選手権の前後で、注目度ががらっと変わってしまったのだから。

 ウインタースポーツの2012-'13年シーズンが終了した。ソチ五輪への試金石となる重要なシーズンにおいて、長年、日本代表として牽引してきた選手が各競技で健在であることを示す中、新星として飛び出したのが、スキー・ハーフパイプの小野塚彩那である。

 スキー・ハーフパイプは、ソチで新たに増える12種目のうちのひとつ。スノーボードのハーフパイプと同様、半円筒状のコースを滑り、空中に飛んで技を披露する採点競技だ。3月5日にはこの種目の世界選手権が行なわれたが、小野塚は予選を1位で通過すると、決勝でもミスのない滑りで銅メダルを獲得。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 524文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<緊急特集> こんな日本代表が見たい。

関連記事

小野塚彩那
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ