NumberEYESBACK NUMBER

競馬全盛期の立役者、
オグリキャップ逝く。 

text by

阿部珠樹

阿部珠樹Tamaki Abe

PROFILE

photograph byTomohiko Hayashi

posted2010/07/18 08:00

競馬全盛期の立役者、オグリキャップ逝く。<Number Web> photograph by Tomohiko Hayashi

最高の感動を与えた有馬記念。最後までドラマチックな馬だった

 まったく見ず知らずの人と抱き合ったことがある。あとにも先にも、そんなことをしたのはその一度きりだ。いつだったかははっきり覚えている。1990年12月23日。時刻は午後の3時半を過ぎたあたり。声を出したことも記憶している。こちらも相手も、「オグリ、オグリ」と叫んでいた。

 オグリキャップが最後に勝った有馬記念ほど幸福感にあふれたレースを知らない。オグリキャップの単勝人気は上から4番目。記念に100円だけ持っていた人も多く、大きく儲けた人はいなかったろう。こちらのポケットにもオグリキャップの馬券は1枚も入っていなかった。懐は痛い目に遭ったのに、声をからして損をさせた主の名前を叫ぶ。考えてみれば不思議なことだ。しかし、損得を忘れ、みんなが叫んでいた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1001文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

南アフリカW杯2010 The Final

Sports Graphic Number 758

南アフリカW杯2010
The Final

 

オグリキャップ

競馬の前後の記事

ページトップ