SCORE CARDBACK NUMBER

オークスを盛り上げる、
関東の肝っ玉女と新勢力。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2010/05/21 06:00

オークスを盛り上げる、関東の肝っ玉女と新勢力。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

1番人気で桜花賞を制したアパパネ。オークスに向け、前に馬を置いた調教を行なっている

 長過ぎる低迷時代に喘いでいる関東馬が、ここへ来て関西馬の厚い壁を打ち破る活躍を見せるようになってきている。桜花賞を完勝したアパパネ(美浦・国枝栄厩舎、父キングカメハメハ)もその中の代表的な1頭。2歳女王の座を射止めた「阪神ジュベナイルフィリーズ」(GI)のときもそうだったが、栗東トレセンに数週間滞在して、坂路や逍遥馬道を経験させる「栗東留学」を見事に成績に結びつけた、と見ることもできる。

 いまでこそ、小島茂、加藤征、萩原、大竹といった若手トレーナーたちがなんの抵抗も感じることなく栗東を訪れるようになったが、その草分けとも言える存在が国枝調教師だ。なにしろ、アパパネの母、ソルティビッド(現10歳)が現役だった'02年、栗東の坂路にやってきて初めて坂路を駆け上がったとき、鞍上にいたのが国枝師その人だったのだから、その筋金の太さを感じずにいられない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 550文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

32カ国が語るW杯の論点。

Sports Graphic Number 754

32カ国が語るW杯の論点。

 

関連記事

競馬の前後の記事

ページトップ