SCORE CARDBACK NUMBER

現役引退後も記録達成か。
“種牡馬ディープ”の実力。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/07/25 08:00

現役引退後も記録達成か。“種牡馬ディープ”の実力。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

新馬戦で2着に2馬身差で勝利したサイレントソニック。父ディープを超える日は来るか

 名選手必ずしも名監督に非ず、と言われるように、競走馬として素晴らしい成績を残した馬が種牡馬や繁殖牝馬としても優秀かといえば、そうと決まったものではない。たとえば、先日25歳で天命を全うしたオグリキャップ。競走馬時代の偉大な足跡は文字通りの名声に包まれたものだったが、種牡馬としては僅か数年であっさり諦められたほどの期待外れの成績に終わった。オグリ自身は、後半のまったりとした余生をむしろ楽しんでいたのかもしれないが、人間側から課せられた「名馬」のハードルは気の毒なほどに高い。大横綱なのに「アイドルホース」の名に甘んじたのは、そういう理由ではなかったか。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 639文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

南アフリカW杯2010 The Final

Sports Graphic Number 758

南アフリカW杯2010
The Final

 

関連記事

ディープインパクト

競馬の前後の記事

ページトップ