WBC 侍ジャパンの道BACK NUMBER

足で勝って、足で負けた侍ジャパン。
あの8回裏の重盗シーン、全真相。
 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2013/03/19 12:10

足で勝って、足で負けた侍ジャパン。あの8回裏の重盗シーン、全真相。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

「連覇してくれた選手の方々もいらっしゃいましたし……そういうものを全部、自分が止めたような気がして申し訳ないです」と責任を全部ひとりで背負うようなコメントを残した内川。

山本監督はギャンブルと言われようと“足”に賭けた。

 打てない打線に関しては、このコラムでも大会期間中に何度も書いてきた。打線は水ものであり、いい投手にぶつかったらそうそう点は取れない。そんなことは分かっていたことなのだ。

 その中でどうやって点を取るのか。それが……バントと盗塁などの足をからませた攻撃がいかに出来るか、だったはずである。

 今回の日本代表の戦いぶりでは、思ったよりもバントは少なかった。ただ、指揮官が語ったように一つ先の塁を目指す積極的な走塁は随所にみられ、それがピンチを救ってきたのも事実である。

 だから最後もギャンブルと言われようとも、足に賭けた。そうして次の塁を奪うことで、大黒柱の阿部のバットをより効果的に活用しようとしたものだったのである。

 日本はこうやって勝ち上がり、そこでミスが出たときに敗れ去った。

 それが第3回大会の侍ジャパンの戦いであったわけだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
鳥谷敬
井端弘和
内川聖一
阿部慎之助
ヤディエル・モリーナ
山本浩二
緒方耕一

プロ野球の前後の記事

ページトップ