Number on NumberBACK NUMBER

復帰1年目を“占う”。
~西岡、福留、斎藤、五十嵐の場合~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2013/03/15 06:00

復帰1年目を“占う”。~西岡、福留、斎藤、五十嵐の場合~<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

2009年、フィリーズから千葉ロッテに移籍した井口資仁。以降、2010年の“下克上V”にも貢献するなど、安定した成績を残し続けている。

 '13年のプロ野球における興味深い新戦力として、米大リーグから日本球界に復帰した選手がいる。西岡剛(ツインズ-阪神)、福留孝介(ヤンキース-阪神)、斎藤隆(ダイヤモンドバックス-楽天)、五十嵐亮太(ヤンキース-ソフトバンク)だ。これほど知名度の高い選手が、同じ年に4人も復帰するのは非常に珍しい。

 しかし過去の例を見ると、日本で十分な実績を積んで米国に行った選手が、帰国後、まったく振るわなかったこともある。'11年にアスレチックスから楽天に戻った岩村明憲はまだ32歳だったが、復帰1年目は打率.183、0本塁打、9打点。'12年にヤンキースからオリックスに復帰した井川慶も、復帰した年の開幕時点では32歳だったが、やはり2勝7敗、防御率4.65だった。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

西岡剛
福留孝介
斎藤隆
五十嵐亮太
阪神タイガース
東北楽天ゴールデンイーグルス
福岡ソフトバンクホークス
岩村明憲
井川慶
井口資仁
城島健司
木田優夫
岡島秀樹

プロ野球の前後のコラム

ページトップ