WBC 侍ジャパンの道BACK NUMBER

主役は打線や投手じゃなく実は足!?
壮行試合で見えた侍ジャパンの戦法。  

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2013/02/25 11:55

主役は打線や投手じゃなく実は足!?壮行試合で見えた侍ジャパンの戦法。 <Number Web> photograph by Kyodo News

豪州との壮行試合第1戦目で逆転3ランを放った相川(右)を迎えるキャプテンの阿部。打線が弱いという評判を払しょくするかのような、まさに起死回生の一発だった。

「今度は絶対に止めるから、信じてフォークを投げろ!」

 ただ、ワンバウンドを怖がってボールが高めに浮くのはさらに禁物だけに、あとは捕手の阿部慎之助がどれだけ前に落として、素早く対処できるか。7回のときにはボールを弾いてからの動きがやや緩慢となったところを突かれて、二塁走者の三進を許しているだけに、その点は本番への課題となった。

 要は普段では考えられないような、とんでもない暴投があるという意識で捕手が構えているかどうか。それによってワンバウンドに対する対処は大きく変わってくるし、次の動きも早くなる。それでワンバウンドが暴投になる確率は、かなり低くなるはずである。

 初戦の7回に能見の暴投で2死二、三塁のピンチを招いた場面。実は次の1球も阿部はフォークを要求し、能見もきちっと低めに落として空振り三振を奪ってピンチを切り抜けた。

「今度は絶対に止めるから、信じてフォークを投げてこい!」

 阿部の気持ちが伝わった1球だった。

 この気持ちをどこまで継続してバッテリーが持てるか。それも本番では「ミスから相手につけ込ませない」という、日本野球の一つのカギとなりそうだ。

関連記事

BACK 1 2 3
相川亮二
山本浩二
井端弘和
中田翔
糸井嘉男
内川聖一
角中勝也
ジョン・ディーブル
能見篤史
阿部慎之助

プロ野球の前後の記事

ページトップ