JリーグPRESSBACK NUMBER

成熟した広島の“連動性”と“意外性”。
スーパー杯で見せたJ王者の逞しさ。 

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph byDaiju Kitamura/AFLO SPORT

posted2013/02/25 12:10

成熟した広島の“連動性”と“意外性”。スーパー杯で見せたJ王者の逞しさ。<Number Web> photograph by Daiju Kitamura/AFLO SPORT

猛然とオーバーラップをかける広島の水本(写真中)。柏の“広島対策”に対し、広島はチーム全体の臨機応変なプレーで“再対応”し、J王者の貫録を見せた。

石川が見せた、寿人のような“裏へのプレー”。

 前半41分のことだった。

 1トップの寿人が縦パスを受けようと、ハーフライン付近まで下がってきた。すると柏の3バックは寿人へのボール供給、そして裏への抜け出しを阻止するために、ラインを押し上げる。それを目にした石川は、自分の持ち場である右サイドから横方向へと一気にスプリントし、まるで寿人のように最終ラインの裏へと抜け出そうと試みたのだ。

 結果的に急激なポジションチェンジをした石川にボールは出なかったものの、その直後に中盤のパス回しから左サイドにボールが渡って清水航平がフィニッシュまで持ち込んだ。一見布陣のバランスを大きく崩すような石川の動きだったが、柏の守備陣に“裏”を意識させたことで、その後の展開に結びついた。

 先制点を奪って以降、意外性と怖さを兼備したフリーランと「GKを含めて、DFからビルドアップしていくというコンセプト」(森保監督)がかみ合い、前半終了まで広島は試合を支配することに成功した。

ライバルチームの対応と過密日程のなかで、今季はどう戦う!?

 再び、森保監督の言葉である。

「今年はおそらくJ1、J2を含めて3バックの戦術を立てるチームは増えると思います。我々もそういう形でやってますけど、相手が対策をしてくる中で非常に難しい戦いとなると思います。それを上回って勝利できるか。それを楽しみにしてやっていきたいです」

 実際、柏は後半開始直後からレアンドロ・ドミンゲスが水本の対面になるようなポジショニングを取り、水本の攻撃参加の抑止力になるよう対策をとってきた。

 このような相手チームの対策だけではなく、ACLでは同組に入ったウズベキスタンの強豪ブニョドコル戦をはじめ、広島にはアジア各国への厳しい遠征も待ち受ける。過密日程の中で練習時間も限られ、主力選手に蓄積するだろう疲労など懸念材料はある。

 それでも広島全体が共有するスタイルをブレずに貫くのが、アジアとJでの戦いに臨む最適解であることを再確認した90分間だった。

関連記事

BACK 1 2 3
サンフレッチェ広島
佐藤寿人
菅野孝憲
柏レイソル
水本裕貴
近藤直也
高萩洋次郎
増嶋竜也
森崎浩司
鈴木大輔
森脇良太
千葉和彦
森保一
石川大徳
レアンドロ・ドミンゲス
青山敏弘

Jリーグの前後の記事

ページトップ