MLB東奔西走BACK NUMBER

MLBでの評価基準で考察すると……。
引退の松井秀喜、殿堂入りはあるか? 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/01/11 10:31

MLBでの評価基準で考察すると……。引退の松井秀喜、殿堂入りはあるか?<Number Web> photograph by AFLO

2012年12月27日、引退を表明した松井秀喜。巨人からメジャーへ移籍し、ヤンキース、エンゼルス、アスレチックス、レイズで計10年間プレー。メジャー通算、1236試合、1253安打、打率2割8分2厘、175本塁打、760打点という成績を残した。写真はワールドシリーズMVPを受賞した時のもの。

イチローの殿堂入りは確実だが、松井の可能性は……。

 同サイトによる松井の評価は、36ポイントと21ポイント。やはり地元記者達の選考対象になるとは思えない数値だ。

 ある日本のメディアで「メジャーでは実績の少ない黒人リーグ出身の選手たちが殿堂入りしている」と論じていたが、このリーグはあくまで米国内のリーグなのだから選考基準に含まれる。けれども、国外のNPBはまったく別物と考えなければならない。

 ただ、仮にもし日米通算の成績が考慮されるとするならば、通算本塁打507本はそれだけで殿堂入りに値する数値ではある。

 現時点で通算500本以上記録している選手はメジャーで25人いるのだが、現役選手もしくは引退5年未満で選考対象になっていない選手を除けば、殿堂入りしていないのはステロイド使用疑惑の渦中にあるバリー・ボンズ、サミー・ソーサ、マーク・マグワイア、ラファエル・パルメイロ各選手のみという状況。

 ちなみに同サイトのイチロー選手への評価は現時点で218ポイントと40ポイントと、文句なしで殿堂入りできるというものになっている。松井が投票の対象になるのは引退表明から5年後のこと。その間に記者達の意識が変わらない限り、松井の殿堂入りは相当に難しいことだろう。

 まずは来年選考対象となる野茂が、この5年の間にどのようにその評価を変えているのかを注目したいところだ。

関連記事

BACK 1 2 3
松井秀喜

MLBの前後の記事

ページトップ