オリンピックへの道BACK NUMBER

高橋と羽生が振り返る名勝負の裏側。
全日本フィギュア男子、激闘の2日間。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2012/12/25 11:25

高橋と羽生が振り返る名勝負の裏側。全日本フィギュア男子、激闘の2日間。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

全日本を制した後でも、「(高橋大輔選手に)憧れていますし、まだ(自分は)本当のチャンピオンじゃないなと思っています」とコメントした羽生。

「悔しい、悔しい、悔しい……」小塚の無念が募る。

 詳細は、「言い訳にはしません」と一切明らかにしなくても、小塚の演技の内容を見れば影響は明らかだった。

「初日のショートは時間が短いのでなんとかなりましたけど、フリーは……」

 無念だったろう。

「とにかく悔しいです」

 何度も、悔しい、と口にした。

 こうして世界選手権代表は、表彰台に上った羽生、高橋、無良に決まった。

 レベルの高い中でしのぎを削り、その中で気持ちも揺さぶられた2日間。代表に選ばれた選手にとって、また一つ、財産となっただろう。代表になれず悔しい思いをした選手たちも、その苦さはきっと糧となりえる。今後へと活かすことができれば、ひとまわり成長できるはずだ。

 シーズンは後半、佳境へと向かう。

 残るシーズン、あるいは来シーズンへと、選手たちはそれぞれに進んでいく。

関連記事

BACK 1 2 3
羽生結弦
小塚崇彦
町田樹
無良崇人
織田信成
高橋大輔
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ