SCORE CARDBACK NUMBER

今季最多の7大会優勝。
地味でも凄い「小さな野獣」。
~テニス界の名脇役フェレール~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2012/12/18 06:00

今季最多の7大会優勝。地味でも凄い「小さな野獣」。~テニス界の名脇役フェレール~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

四大大会ではベスト4が過去最高。攻撃的なテニスも「ビッグ4」の前では苦杯を喫する。

 今季、男子ツアーで最多の7大会に優勝した選手をご存じだろうか。最終ランク1位が確定しているジョコビッチでもなければ、シーズン終盤まで1位だったフェデラーでもない。5位のダビド・フェレールだ。

 彼が今季最も活躍した選手の一人であることを知っているのは、よほどのテニス通だろう。30歳のフェレールは、過去2年間のほとんどを世界ランク5位か6位で過ごした。生まれてきた時代が悪かったというべきなのか、フェデラーに通算0勝14敗など、「ビッグ4」には頭を押さえつけられてきた。今季の四大大会も、全仏の準決勝ではナダルに、全米の準決勝ではジョコビッチに敗れ、決勝進出を逃している。7度の優勝も、ビッグ4との直接対戦はない。活躍の割に存在感が薄いのは、そのせいだろう。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ダビド・フェレール

テニスの前後のコラム

ページトップ