NumberEYESBACK NUMBER

ラグビー日本代表が
欧州遠征で得た収穫。
~世界トップ10へ、継続の到達点~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2012/12/12 06:00

ラグビー日本代表が欧州遠征で得た収穫。~世界トップ10へ、継続の到達点~<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

ルーマニア戦、グルジア戦ともに先発出場した田中(中央)と堀江。

 タフになった。ラグビー日本代表の欧州遠征、ルーマニア、グルジアとのテストマッチを取材し、日本代表にとって初となる欧州でのアウェー戦勝利を見届けた感想である。

 何より光ったのは、攻守両面で見られたディシプリン(規律)の高さだ。相手のアタックが5次、10次と継続しても、反則せず、体を張って守り続ける勤勉で頑健なディフェンス。相手がミスを犯せばすぐさま速攻に移り、イチかバチかのギャンブルでトライを取り急ぐことなく、我慢強く攻撃を継続する。

 とりわけ、前後半とも終了直前に見せた猛攻には現在のジャパンの到達点が現れていた。ルーマニア戦は前半ロスタイムに、相手キックオフから小刻みにボールを繋ぎ、PKの速攻を挟んで14のフェイズを重ねてNO8菊谷崇がトライ。後半36分には16次攻撃まで攻め続けてWTB小野澤宏時がトライ。グルジア戦は前半ロスタイムに自陣ゴール前のPK速攻から7つのフェイズを重ねて小野澤がフィニッシュ。後半ロスタイムも自陣のPKから10のラックを連取して、最後はSO小野晃征が劇的なサヨナラDGを蹴りこんだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 940文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

心が震える99の言葉。~Words of Athlete 2012~
田中史朗
堀江翔太
エディー・ジョーンズ

ラグビーの前後の記事

ページトップ