Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<3連覇への作戦会議> 工藤公康×田口壮×仁志敏久 「WBC日本代表ベストチームを作ろう!」 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byTadashi Shirasawa

posted2012/11/15 06:01

<3連覇への作戦会議> 工藤公康×田口壮×仁志敏久 「WBC日本代表ベストチームを作ろう!」<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa
野球の祭典・WBC開幕まであと4カ月。3連覇への期待が高まるなか、
気鋭の評論家3人が最強チームを作るべく、編成会議を開催しました。
起用したい選手は多数。討議の末たどり着いた日本代表の陣容とは――。

座談会の後に、不参加を表明する選手も相次ぎましたが、
全ての選手を選べるとしたら……という前提で、
“最強のナイン”を選出していただいきました!

――監督も山本浩二さんに決まって、いよいよ来春のWBCに向けた気運が盛り上がってきました。今日は皆さんに、第3回大会の日本代表最強ナインを選んでいただきたいと思います。日本人メジャーリーガーの参加が不透明だったり、実際には様々な制約が出てくるかもしれませんが、この場では、全選手が参加を希望するという前提でチームを編成していきましょう。前回大会の構成は、28人中13人がピッチャーでした。

工藤 球数制限があって、投げ過ぎると次の試合に登板できないことや、過酷な試合が続いていくことを考えると、やはりピッチャーは多めに入れたいですね。今年のクライマックスシリーズで中日がやったように、調子のいいリリーフをつないで、相手に的を絞らせない戦いが求められると思います。左と右のバランスもうまくとりたいから、全選手の半分くらいはピッチャーで、ちょうどいいんじゃないかな。

田口 投手の人数は、先発を何人で回すかということも関係してきますよね。

仁志 恐らく先発だけで、3人か4人は必要になってくるんじゃないですか。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 5736文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

プロ野球の前後のコラム

ページトップ