Number Do MoreBACK NUMBER

高校教師・山本健一 「先生は世界一のトレイルランナー!? トレーニングは授業と部活で」 

text by

山田洋

山田洋Hiroshi Yamada

PROFILE

photograph byMami Yamada

posted2012/11/09 06:01

高校教師・山本健一 「先生は世界一のトレイルランナー!? トレーニングは授業と部活で」<Number Web> photograph by Mami Yamada

「試合ではタイム、ライバルなどに執着しない」

「ジェルを決まった時間に摂取するのは、かつてハンガーノックになった時の脱力感が嫌で、間違いが起きないように心掛けるようになったからです。二度とあの思いは味わいたくない。テーピングも同じで、それをしていれば間違いがないと思ったからです」

 最高のパフォーマンスを出すことこそが、「試合をとにかく楽しむ」というスタイルに繋がることを知っているのだ。

「日々の練習では強くなりたい、速くなりたい、そう思ってトレーニングしていますよ。でも、試合ではタイム、ライバルなどに執着しない。試合は純粋に自分のいいパフォーマンスをしたいだけなんです。でも、ピレネーでの優勝は嬉しかったな。『ヤマモト!ヤマモト!』って地元の人から祝福されたし、レース後に食事に行ってもタダにしてくれましたからね」

プロトレイルランナーになるつもりはないんですか?

 最後に多くのトレイルランナーが気になっている質問をぶつけてみた。プロトレイルランナーになるつもりはないんですか?

「プロにはならないと思います。ただ今の環境が変わって、あまり走れなくなってしまったらつらいでしょうね(笑)。だから今の環境にはすごく感謝しています。来年出場するレースはまだ決めていないですね。トルデジアン(イタリアで開催される総距離330km累積標高24000m、制限時間150時間のレース)にはいつか出てみたいけど、しばらくは100マイルの世界を追求していくつもりですね。自分が日本を代表するトレイルランナーになったとはまったく思ってないけど、走ることはずっと続けていきたい。試合を含めて、最高に面白い趣味ですから」

 そういって笑うヤマケンは、これからも彼が指導する生徒に、そして彼の走りに憧れるランナーに山を走ることの「最高の面白さ」を伝え続けていくことだろう。

<秋のランニング特集>忙しい人ほどよく走る!~あの人はいつどうやって走っているのか?~

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6

陸上の前後の記事

ページトップ